競馬の裏で得しているのはだ〜れだ?


脱ギャンブルプログラムの登録はこちらから。

もちろん無料。

→ 【ギャンブル脱出110番 】




今日の名言はこちらから

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
今日もギャンブルをしない!決意表明

 

競馬はハマりましたね〜

個人再生まで追い込まれるくらいハマりました。

詳しくは自己紹介で→ 自己紹介

 

競馬は

「中央競馬」と「地方競馬」の

2種類があります。

自分の場合は最終的にどちらにも

ズブズブハマってしまいました。

 

地方競馬は地方自治体が運営しています。

私の住む新潟にも地方競馬があったのですが

自分が競馬を覚え始めた時期になくなりました。

 

予想屋が3〜4人いて1レースの情報

200円で買うというものでした。

懐かしいですね〜

 

中央競馬(JRA)に関してですが

農林水産省の特殊法人。

 

簡単に言うと農林水産省の天下り組織ですね。

ちゃんとポストが用意されているようです。

 

中央競馬(JRA)関連の組織が50あるらしいです。

当然そこも農林水産省の天下り組織ですね。

 

だから天下りだけではなく「渡り」もあります。

数年で退職して退職金をもらって

新たに「中央競馬(JRA)関連の組織に就職」

という感じです。

 

さらに中央競馬(JRA)の職員の給料は

国家公務員より高いそうです。

特殊法人の中でもNo.1の高給。

 

競馬は年々売上が下がっているそうですが

この体質は変えないんでしょうね。。。

 

 

自分が競馬を始めた頃は

一番ギャンブル性の高い投票券は

馬連でした。

 

その後、ワイドや三連複が発売され

そして三連単という一攫千金の投票券が発売。

 

平成23年からWIN5が発売開始・・・

徐々にギャンブル性を高めている感がありますね。

 

自分は新潟大賞典で三連単1,047,480円を

取ったことがあります。

100円が1,047,480円に化けちゃうわけです。

 

もちろん、その後自分は競馬の

天才かと思い込み三連単を買いまくりました。

 

1ヶ月で100万円はきれいさっぱり消えました。

そんなもんです。

 

 

 

ここまで目を通していただきありがとうございました。

 

 

 



“ブログ村”

-書籍から