事件簿!授業自習にしてパチンコ通いの教諭


脱ギャンブルプログラムの登録はこちらから。

もちろん無料。

→ 【ギャンブル脱出110番 】




今日の名言はこちらから

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
今日もギャンブルをしない!決意表明

2016/05/27

 

2000.11.08
広島県。
高校の男性教諭(57)が今学期、
連日のように授業を自習にして
パチンコ店に通っていたことが8日、
分かった。9月からほぼ毎日、
昼休み前後から車で30~40分の
東広島市内のパチンコ店に通い、
閉店まで粘っていた。

 

確かにビックリする事件だが

これは学校の先生がやったから

ニュースになっていると思う。

 

一社会人として考えればどうなんだろう。

 

昼間のパチンコ屋に行ったら

必ずと言っていいほどスーツを着た

サラリーマンというか、営業マンだらけではないか!

 

パチンコにハマると恐ろしいほど時間を奪われる。

朝から晩までカネが続く限り打ち続けてしまう。

 

 

自分もスロットにハマっていた。

当時は外回り営業。

 

お客さんと夜の7時半に

商談の約束をしているのに

夕方5時から4号機の吉宗を打ち始めてしまった。

 

運試しのつもりでやったのに吹いてしまった!

ストック放出が止まらない!

 

時間はドンドンせまってくる。

何回も時計を気にして

「あと、もう10分やってやめよう・・・」

「もう5分だけ・・・」

 

しまいにはお客さんのところに

行くのがバカバカしくなってきた。

 

だけど、お客さんが会社に電話してくるかもしれない。。。

会社にばれたらやばい!

 

ということで

隣で打っていたにーちゃんに当たり確定状態の台をあけ渡した。

これからどんだけ連チャンするのかわからない台。

 

 

速攻、お客さんのところにへ。

商談中は吉宗のことでいっぱい!

 

トットと商談を終わらせ、パチンコ屋へ。

自分が打っていた台を確認。

 

メッチャ出ていた。

ビックリするくらい。

 

仕事がバカバカしくなった・・・

そんな記憶が今でも鮮明に残っている。

 

 

話が自分ごとになったが

この高校の男性教諭(57)も

きっとこの時の自分と

同じような心理状況だったんだろ〜

と思う。

 

 

その時は目の前のパチンコで

頭がいっぱいだから

後先なんか考えないけどね。

 

冷静に考えれば

人生を棒に振るほどのことじゃないんだけどね。

 

 



“ブログ村”

-ギャンブル事件簿