ギャンブル依存症ドットこむ!

破産もできなかった元ギャンブル依存者の私がビジネス中毒の億万長者から商売の原理原則を学んで安定的に月収60万円オーバー!

ギャンブルを保留にしてから見えるギャンブルの向こう側



今日もギャンブルをしない!決意表明

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
ギャンブルエネルギーを転換



前回は

日本のギャンブルはいつから?

について書きました。

 

日本書紀で、

689年に双六(すごろく)の禁止が

発せられたと記録されているので、

その前からあったのは事実のようですね。

 

 

 

人間はもともと

「ギャンブルが好き!」という

プログラミングが入っているかもしれません。

 

その触れてはいけないギャンブル大好きボタンを

作動させてしまうと、自分ではコントロール

できなくなります。

 

私もそのボタンを押してしまった1人です。

これを読んでいるあなたもボタンを押した。

 

押してしまってからは、

押す前に完全に戻すことはできません。

 

が、ギャンブル依存症になって、

ギャンブルを一旦保留してから見える世界は

ちょっと違うかもしれません。

 

客観的に「ギャンブル」というものを

見つめることができるようになりました。

 

犯罪の裏に隠れているギャンブル。

パチンコ動機の犯罪1300件 作年、依存症対策急務に

昨年1年間に全国で摘発された刑法犯のうち、
パチンコに使う資金調達が
事件の動機・原因だったのは1329件に上ることが
警察庁のまとめで分かった。

競馬や競輪などのギャンブル目的は999件だった。

16年は合計で2328件に上った。
罪種別の内訳は窃盗犯が1719件、
詐欺などの知能犯320件、強盗などの凶悪犯21件、
暴行などの粗暴犯16件など。

参照元)日本経済新聞

 

業務上横領、

要するに会社の金をパクるやつですね。

 

これなんかまさにギャンブルです。

 

普通の感覚の人間は会社の金をパクりません。

しかし、ギャンブル依存症の人間は、

一時的に借りて、勝って戻せばいいと考えます。

 

こういう結果になることを強く信じているんです。

自分もそうでしたが不思議ですよね?

 

ギャンブルは犯罪の始まり。

 

P.S
私が初めて就職した会社で業務上横領がありました。
その男は業務上横領だけで終わらず、
経理監査の当日にを電気ポットに
アジ化ナトリウムという毒を入れました。

みんながバタバタ倒れていく惨劇を
目の当たりににしました。

新潟毒物事件犯人逮捕

 

 

P.P.S
私が実践しているビジネスに
興味のある方はお気軽にメールしてください。

gambling.addiction103@gmail.com

 

 



“ブログ村”

-ひとり言