ギャンブル依存症ドットこむ!

破産もできなかった元ギャンブル依存者の私がビジネス中毒の億万長者から商売の原理原則を学んで安定的に月収60万円オーバー!

いつの間にか犯されているサラリーマン依存



今日もギャンブルをしない!決意表明

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ギャンブル依存症へ
ギャンブルエネルギーを転換



前回は

ギャンブル依存症を改善するための2つの行動 パート2

について書きました。

 

最近、私の勤めている会社は

激しく変化しています。

 

2年前に前社長がなくなり、

新しい社長が指揮をとることになりました。

 

その新しい社長は、2人の部下を選抜し、

重要ポストにつけて特別に可愛がり

自分の思い通りに会社運営できるよう

企てていました。

 

その選ばれた2人は、

前社長の時からも可愛がられていたので

なんだかんだで15年以上も

特別扱いを受けていました。

 

・アパートの家賃100%会社負担

・マンション購入のための頭金200万円を会社負担

・夜の飲み代全額会社負担

などなど、会社の利益の大半は

この2人に渡っていました。

 

そんな温室育ちで育った2人。

 

 

しかし、先日、

みんながいる朝礼の時に

突然その1人の部下Aを大阪弁で

怒鳴りつけました。

 

怒鳴りつけたと言うより

恫喝でした。

 

「おう!〇〇、わしの言うことが聞けへんのか?」

「なめとんのか?おう!!!!言ってみ〜や!!!!!」

「できへんと言ったやろ?」

「おう?!!!」

 

それから10分間、

ミナミの帝王リアル劇場版と言う感じでした。

 

周りも突然のことでびっくりしましたが、

怒鳴られた本人は、もっとびっくりしていました。

 

怒鳴られた経緯は

いろいろ思惑はあると思います。

 

その社長は、無理難題の仕事を

怒鳴りつけた部下に課していました。

 

あまりにも無理なものだったので

「いますぐ結果を出すのは無理かもしれない・・・」

ともう一人の可愛がられている社員に相談しました。

 

 

その相談内容をそのまま社長に伝えたんです。

いわゆるチクったと言うやつですね。

 

 

それから、怒鳴られた部下Aは

今まで大きな力で守られたバリアから

丸裸状態にさせられました。

 

 

 

これからどう生きていけばいいのか?

わからない状態になり軽いうつ状態。

 

今まで私&その他の社員とは

一線を置いていたのですが、

最近になって居場所がなくなり、

私の元に近づいてくるようになりました。

 

 

長々、ここまで経緯を話しましたが、

何が言いたいかと言うと、

今までこの部下Aは会社に守られて、

依存度100%になってしまっていたわけです。

 

 

こうなるとパニックになりますよね?

 

これは部下Aだけではありません。

私でも思いがけないことが起こってしまったら、

気持ちは落ち込みます。

 

 

部下Aの場合は、

その依存している時間が長くなったため

その傷の深さは計り知れないのだと思います。

 

 

今日、私にビジネスについて聞いてきました。

「アフィリエイトってなに?

インスタによく書き込まれているんだけど・・・」

「俺はもう会社にいられないと思うから

ビジネスを教えて・・・」

 

 

「人間は追い込まれた時に本性を現す、

この時の言動を見ない」

私の師匠はこのセリフを幾度となくおっしゃります。

 

人間は追い込まれないと動けないんですよね。

今の安心領域が永遠に感じてしまって。

 

偉そうなことを言いましたが、

私もそうです。

 

 

私たちは生きている以上、

いつでもリスクにさらされています。

 

今は東証一部の上場会社だって

いつ倒産するかわかりません。

 

 

そんなリスクを考えずに

家やマンションを買って、

30年ローンなんか組んじゃう。

 

会社はすごいかもしれません。

でも、会社がなくなったら

もし会社からクビにされたら、

あなたには何が残りますか?

 

生きていくスキル、

会社を辞めても稼げるスキルはありますか?

 

 

P.S
私はまだサラリーマンを続けます。
「サラリーマンを続けながら稼ぐことができますよ!」
と自慢したいからです(笑)

と言うより、サラリーマンの恩恵を受け続けたいからなんですけどね。

 

P.P.S
私が実践しているビジネスに
興味のある方はお気軽にメールしてください。

gambling.addiction103@gmail.com



“ブログ村”

-ひとり言